育児の悩み解決・さとみTeaTime

今年で4歳と1歳になる姉妹を育てています!育児中に体験して得た情報を発信します♪ 断乳体験、オススメ絵本、出産準備や夫婦円満なども扱いします♪ みなさんのお役に立てますように♪♪

環境を整えれば3歳児は伸びる!【実技科目編】塗り絵

こんにちは!さとみです。

長女が3歳になってからというもの、急に何でもできるようになって、とても驚いています。子育て支援センターや幼稚園なんかでもよく褒められて、本人も得意げ♪ 子どもが伸びるかどうかは環境次第♪ きょうは、3歳児の成長を支えるコツを書いてみたいと思います(^ ^)

 

サクラクレパス さんかくクーピーペンシル 12色 FYL12

↑長女(年少)、次女(1歳)がそれぞれ一つずつ専用で使っています(^ ^)

 

塗り絵 

定番の塗り絵ですが、我が家ではこれまでほとんどやらせていませんでした。周りの年少の子たちが、すごく綺麗に塗ったり、すごく乱暴に塗ったりしているのを見て、「あ、これは、うちも練習させてあげなくては!」と思い、始めました。最初はグーで握って、つまらなそうに「ガーッ」と塗り始めた長女ですが、その日のうちに、楽しく綺麗に塗り分けを始めるようになりました(^ ^)

 

クーピーの種類

子どもが小さく、筆圧の小さいうちは、コロールを与える方も多いようです。ベビーコロールは、パッと見た感じは使いやすそうだし可愛いのですが、よそで見ていると、中が空洞で結構割れやすい印象があります。そしてちょっと持ちにくい。うちにはありません。イシコロールは面白そうですね。道路に石で落書きをするのに夢中だった子ども時代を思い出します。

 

コロール
ベビーコロール 12color

ベビーコロール 12color

 
icicolor (イシコロール) 6色セット

icicolor (イシコロール) 6色セット

 

 

さんかくクーピー(1〜3歳ごろ)

私が絶賛お薦めする最初のクーピーは、こちらの三角クーピーです!長女がまだペンをグーで握りしめていた頃、同年齢の周りの子どもたちが綺麗な鉛筆持ちをしていました。ママさんたちに聞くと、みんな揃って「なんとなく三角クーピーを使わせていたら、自然と綺麗に持てるようになっていた」というのです。私も早速購入。 既にグーで持つ癖のあった長女ですが、何度か優しく教えたら、すぐに持てるようになりました。短いので折れにくく、太いのでベタ塗りが早い点も、小さい子には使いやすそうです(^ ^)クーピーペンシル(普通のクーピー)が使えるようになってからも、好んで併用しています。

1歳0ヶ月から、次女も使い始めました。立派にガーッと線を描いてくれます。投げたり叩きつけたりすることもありますが、今のところは折れていません(^ ^)

 

クーピーペンシル (3歳ごろ〜)

三角クーピーの次はこちらのクーピーペンシル(普通のクーピー)。色の組み合わせが先ほどの三角クーピーと同じで、12色入りでした。初めは、子どもに三角クーピーを使わせながら、横で私が使いました。「長女ちゃんもしっかりと持てるようになったら、こっちのを使うんだょ〜!大人用だよ〜!」と伝えると、「早く大人用使いたーい♪」とワクワクして言ってきました(^ ^)

えんぴつ持ちがちゃんとできるようになってからは、ベタ塗りは三角クーピー、細部はクーピーペンシルと、使い分けています。

 

60色のクーピー(3歳ごろ〜)

こちらは、秘蔵の60色クーピーです(笑)定価の半額程度で、大変お安く購入できます。この値段なら一人に一つ買ってもいいかも...。色の感性は大事にしてあげたいと思っています。うちでも既に1つ購入済みで、時々長女にチラッと見せて、「持ち方も塗り方も上手になったらプレゼントするょ♪」と伝え、モチベーションを爆上げさせています(^ ^)

サクラクレパス クーピーペンシル 60色 FY60

サクラクレパス クーピーペンシル 60色 FY60

 

 

 36色の色えんぴつ?

こちらは自分用のつもりで購入しました。色のチョイスが実用的な点、一本ずつに色の名前が記載されている点がとてもよかったです。なめらかな塗り心地です。年少の長女には、この細い芯で色をベタ塗りするのは、まだ大変そうです。色の名前を学ばせるのには、字の読める年少のうちからもとても良いです。我が家では好評で、こちらももう1セット買いそうです(^ ^)

トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色 CB-NQ36C

トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色 CB-NQ36C

 

  

塗り絵の種類

長女がとても気に入って使っているのは、アンパンマンの知育ぬりえシリーズです。塗り絵をしながら、楽しく文字や数の練習をすることができます。今は単に塗り絵として使っていますが、文字や数の部分が自然と目に入ってくるので、子どもの方から興味を持って勝手に取り組むことがあります。

塗り絵は大きくて複雑すぎず、ちょうどよいです。長女(3歳)は、文字は全て読めるし、数字も100まできちんと数えられるので、知育面ではこちらの「はじめてのシリーズ」の教材は簡単過ぎました。ステップアップシリーズめいろなどもあります(^ ^)

塗り絵は、キティちゃん、プリンセス、スイーツなど、何か本人の好きなもので、難易度の合っているものだと、興味が持続して取り組みやすいです。下手に安いものではなく、紙質もちゃんとしたものがオススメです(^ ^)

 

伊勢藤 チャイルドデスク ピンク

伊勢藤 チャイルドデスク ピンク

 
伊勢藤 チャイルドデスク ブルー

伊勢藤 チャイルドデスク ブルー

 

塗り絵やお絵かき用に、画像1つ目の「伊勢藤 チャイルドデスク」を購入しました(とてもオススメです)

  • 使いたいときに片手でひょいと持てるほど軽いです。
  • 大きさもちょうどよく、サイドのポケットも便利です。
  • 年少の長女も大人の私も使いやすい高さです。

力の強い子はクーピーでも机にはみ出して描いてしまうことがあるようですが(子育て支援センターで目撃しました ^ ^;)、子ども専用の机なら、汚すことを気にせず思い切り使わせられます(^ ^)とてもよかったので、もう一つ買い足して、長女と次女それぞれに専用で使わせています♪

 

塗り絵のコツ

長女は、一つ一つ色を選んで、はみ出さないように丁寧に端まで塗るので、周囲のママさんには驚かれます。これは、決して長女が几帳面だからではありません。長女も初めは、一色のクーピーをガッと掴み、ガーッとデタラメに塗っていました。そんな子どもを変えたコツは、大人が一緒に塗りながら手本を見せることです。私が意識してやっているのは、

同じページを分担する
  • 1冊の塗り絵の見開きページを、分担しながら同時に塗ります(各自1冊ではない)。完成が早く、「一緒にしている」という感じもしっかり出るので、子どもが投げ出しにくいです。
端まで綺麗に塗って見せる
  • 時々「端っこ塗り塗り〜♪」と歌いながら、毎回端まで綺麗に塗ります。
綺麗な色の塗り分けを見せる
  • 「あ!ママは、この美味しそうなアイスクリームはイチゴのピンクで、さくさくのコーンは茶色で、このツブツブは美味しくなるように黄色にしよう♪」と言いながら、色を綺麗にぬり分けます。
テクを見せびらかす
  • 「ママは上手だから、ここは濃くして、ここは薄くして、綺麗なグラデーションにしてみよう♪」と、テクを解説しながら見せびらかします。
そっと修正する
  • 「あ!長女ちゃんのイルカさんは白いところがいっぱい残っちゃってる!!」と言います。「大変だー!」と言いながら長女が塗り直すのもよし、楽しそうに代わりに塗り足してあげるのもよし(^ ^)
可能性を見せる
  • 時には、色を重ねて混ぜ、影とハイライトを入れて立体的に仕上げます。茶色や黒をそっと入れて、ただものではない雰囲気を出したりします。大人の全力を使って、「塗り絵でこんなのが描けるの?すごい!私もこんな風にできるようになりたい!」と憧れさせたら勝ちです(^ ^)
見本通りに塗らせる
  • アンパンマンなどのキャラクターの顔や、実在するお花、虫などは、写真を見ながら忠実な色で塗らせます。色を正確に捉え、再現する力を育みます(ゲーム感覚で楽しそうです♪)
自由な色で塗らせる
  • 塗り絵のほとんどは、自由な色で塗らせます。時々「手袋は暖かそうな色にしよう♪」などの声掛けをし、工夫させます。機械的に塗るよりも楽しそうで、誇らしげに「こういうのはどう?」と見せてきます(^ ^)
難しくし過ぎず成功させる
  • 子どもが難しがったとき、明るく励ましてやらせるのもよいですし、時には、気安く手伝ってあげるのもOK。とにかく成功体験を重ねていくことで、集中し、よく楽しみ、どんどん上手くなります
感想は具体的に、発表会をする
  • お互いに、「これの、ここが、こんな風にいいね〜」と、時々感想を伝え合います。パパに評価させると、特にモチベーションが上がるようです(^ ^)

こんな感じで塗っていると、長女も3日もしないうちに、「丁寧な塗り絵は楽しい」ということに気づいてくれました(^ ^)

 

 いかがでしょうか?参考になりますように(^ ^)

サンスター 知育ぬりえ ステップアップ!ひらがな それいけ!アンパンマン アンパンマン 4790122A

サンスター 知育ぬりえ ステップアップ!すうじ それいけ!アンパンマン アンパンマン 4790124A

サンスター 知育ぬりえ ステップアップ!めいろ それいけ!アンパンマン アンパンマン 4790132A

↑ステップアップシリーズ

 

さとみ

※ 記事に何らかの誤りが含まれる場合があることをご了承ください。

※ 当サイトにおける安全・性能・効果等についての記述や考察は、それを保証するものではありません。

※ 当サイトの閲覧により発生したいかなる被害についても、当サイトでは責任を負いかねます。商品のご購入やご使用、サービスのご利用は読者様個人の判断により自己責任でお願いいたします。

※ 当サイトの管理人は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加することにより、商品画像を記事中に使用しています。

※ 当サイトの記事は、全て〈リンクフリー・転載不可〉です。